アイウォレットは便利な入出金手段

iWallet(アイウォレット)とは?

iWallet(アイウォレット)というサービスは、資金管理に非常に便利なサービスとなっています。特に、オンラインカジノにおいて、入出金でとても便利で、色んなオンラインカジノのサイトで利用できるようになっています。
オンラインカジノは、海外業者となりますので、入出金に時間がかかってしまったりするとストレスになってしまいます。しかし、アイウォレットは、スピーディーに入出金が出来て、管理も一本化することが出来るので、とても便利で、安心して利用できます。
今は、オンラインカジノはもちろんですが、ネットゲームやショッピングなど、世界中でも利用されているサービスです。

アイウォレットの特徴とは?

アイウォレットは、数分で口座が作成できて、入出金をこちらのアイウォレットを介して行うことが出来るサービスとなっています。
銀行の窓口などに行く必要はなく、ネットで口座が簡単に作ることが出来て、さらに入出金もクレジットカードや国内のATMで出金することが出来ます。
無料で口座は作成することが出来ますし、日本語対応となっていますので、英語が出来ない方も安心です。

オンラインカジノで導入された新しいサービス

オンラインカジノの入出金は、電子決済サービスがメジャーでしたが、2013年までは、「ネッテラー」と呼ばれる電子決済サービスが主な手段として利用されていました。
しかし、ネッテラーは2016年にギャンブルを目的とした決済に利用をすることが出来なくなってしまいました。
それからは代わりの方法として、こちらのアイウォレットが導入されています。また、そのほかにも、「エコペイズ」なども同じように、利用をすることが出来ます。

アイウォレットは、エコペイズと比較するとそれほど使えるカジノは多くありませんが、2013年に設立された新しいサービスで、ネッテラーと同じように安全性や信頼性も高いので、今後も利用できるカジノが増えていくのではないかと考えられています。

オンラインカジノへの決済手段について

従来は、海外業者への決済手続きが煩雑でした。国際的な銀行を利用して振り込み手続きを済ませなければなりませんから、「手数料」や「決済完了までの期間」がマイナス要素となりました。オンラインカジノで活用するには、手間がかかりすぎです。
そこで登場したのが「電子決済サービス」です。インターネットを利用して、決済の代行を行うサービスであり、国際的な決済をスピーディにおこなってもらえます。もちろん、「安全性」がしっかりと担保されていますから、安心して利用が可能です。

アイウォレットは複数のオンラインカジノの入出金管理が出来る

アイウォレットの口座が一つあれば、オンラインカジノの入出金を全てこちらで管理することが出来て、入出金の管理が楽になります。
複数のオンラインカジノで遊ぶ場合も、一つの口座で済みますんで、お金の流れが分かりやすくなりますし、一本化することが出来るのです。

また、口座のお金は、MasterCardの加盟店でショッピングなどに利用できたりと、クレジットカードのように利用も出来ます。

サポート体制について

公式のウェブサイトは日本語対応をしています。もちろんサポートも日本語対応をしており、専用フォームへ入力すれば翌営業日までに返答をもらえるのです。
手続きや申請などで、サポートを活用しなければならない場面は多いことが予想されます。日本語サポートは大変助かりますので、高く評価されているのです。

プリペイドカードについて

「アイウォレット」では「VISAプリペイドカード」を発行しています。口座をアップグレードさせれば申請が可能であり、利便性の高いカードです。VISAに加盟しているショップや加盟ATMで使用可能ですから、多くのシーンで利用できるのではないでしょうか?
「アイウォレット」口座残高からチャージした分が利用上限となりますので、「クレジットカード」のように使いすぎる心配がありません。

また、紛失や盗難に際しては、[VISAクレジットカード」と同様に万全のサポートが得られます。注意しなければならないのは、月額維持費用として毎月「3.5ドル」が必要な点です。
「プリペイドカード」を利用する機会がほとんどないならば、敢えて申請する必要はありません。また過失による紛失では、再発行手続き費用として「20ドル」が必要です。
さらに、ATM手数料についても触れておきましょう。取引ごとに「2%(最小限額3.5ドル・最大上限額7.5ドル)」がかかりますから、頻繁に引き出しをするとロスが大きくなります。上手な活用をこころがけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。